2021トーナメント

【2021トーナメント】「自分がやらないといけないという気持ちが強かった」#23半澤凌太(筑波大・4年・主将・SG)

筑波大は今大会を3位で終えたが、全メンバーが揃わない状態での戦いとなった。U19の代表としてワールドカップに3名を送り出し、パワーフォワードの#25栗林も怪我で欠場。さらには大会前日に不動のセンター#75井上が負傷してしまうというアクシデ...
2021トーナメント

【2021トーナメント】7/11 3位決定戦 筑波大が後半に流れを掴んで日本体育大を下す

4月に続き、今季2度目の日筑戦となった3位決定戦は、前半は競り合う形となった。 1Q、筑波大は#92中田(3年・PG)が積極性を見せ、内外から得点。日本体育大はスタメン起用の#35ムトンボ(1年・C・東山)を中心に得点し、#31青木...
未分類

Instagramアカウント開設のお知らせ

このたび、Instagramのアカウントを開設しました。2004年頃から現在に至るまで、大学バスケットボール界を彩った名シーンをお届けしていきます。ぜひフォローをよろしくお願いいたします。 @bojweb
2021トーナメント

【2021トーナメント】決勝レポート・日本大が東海大を下し15年ぶりの春の王者に

2年ぶりの開催となった第70回の関東大学バスケットボール選手権・決勝は15年ぶりの王者奪還に挑んだ日本大が、アグレッシブなプレーで昨年のインカレ王者・東海大に一度も逆転させることなく、栄冠を手にした。 立ち上がりは日本大#12コンゴ...
2021トーナメント

【2021トーナメント】大会結果

【成績】 優勝  日本大学(15年ぶり11回目)準優勝 東海大学3位  筑波大学4位  日本体育大学5位  専修大学6位  大東文化大学7位  白鴎大学8位  拓殖大学 【個人賞】 ◆最優秀選手賞 飯尾文哉(日本...
2021トーナメント

【2021トーナメント】決勝・日本大VS東海大の見どころ

第70回の関東大学バスケットボール選手権大会、決勝のカードは日本大学VS東海大学の対戦になった。 泥臭く、また激しさをまとってコートを駆ける日本大 2006年以来の決勝に臨むのは日本大。緒戦、ベスト8決めは2部以下のチ...
2021.07.11
2021トーナメント

【2021トーナメント】7/10準決勝・勝者は日本大と東海大、春の王者をかけた頂点の戦いへ

準決勝・東海大が筑波大を下して6年ぶりの決勝へ 右ブロックの対戦は、東海大と筑波大という近年大学界を代表してきたチームが激突。優位に立ったのは東海大。筑波大はセンターを欠く状態で今大会戦っているが、シュートが決まらない序盤はリバウン...
2021トーナメント

【2021トーナメント】7/10順位決定戦・大東文化大と専修大が5位決定戦へ

準々決勝から一夜明けた5〜8位決定戦、難しいモチベーションの中で大東文化大と専修大が5位決定戦に進んだ。 順位決定戦は大東文化大と専修大が勝利 大東文化大は#7高島(3年・SG)が好調で、立ち上がりにアウトサイドシュートを連続...
未分類

【2021トーナメント】7/11試合予定(最終日)

■7月11日(日)越谷総合体育館 10:30 白鴎大学 vs 拓殖大学(7位決定戦)12:30 専修大学 vs 大東文化大学(5位決定戦)14:30 日本体育大学 vs 筑波大学(3位決定戦)16:30 日本大学 vs 東海大学(決...
2021トーナメント

【2021トーナメント】「スタメンとしての責任を果たしたい」新・司令塔の新たな挑戦#3米須玲音(日本大・1年・PG・東山)

米須のパスが日本大の選手たちを躍動させた。前へ前へと送りだされるボールは、元々走りを得意とする#22飯尾、#6野口らの走りをさらに加速させ、チーム全体の動きが早くなり、またディフェンスにもアグレッシブな流れができた。 「自分がパスは...
2021トーナメント

【2021トーナメント】「変わらないと勝てない」新・主将の強い決意#74若林行宗(日本大・4年・主将・SF)

「チームで最低限ベスト4に入ろうといっていて、きつい練習をして、やることをしっかりできて、その結果がついてきました」 日本大のベスト4入りは2010年、篠山竜青(B1川崎)が主将だったとき以来だ。この結果に並んだことを主将の若林は素...
トーナメント

【2021トーナメント】「絶対に勝つという気持ちで進んでいく」#28井手拓実(日本体育大・4年・主将・PG)

スタメンの平均身長190cmを超える専修大相手に、小兵である井手が躍動した。フル出場で20得点、アシスト2、リバウンドも2つ獲得。特にドライブとスリーポイントでは欲しいときに確実に決めたことは大きかった。逆転勝利は大きいが、本人の理想の展...
2021トーナメント

【トーナメント2021】7/9 日本大・日本体育大・東海大・筑波大がベスト4進出

準々決勝の4試合は、いずれも締まった好勝負が続いた。準決勝の組み合わせは日本大VS日本体育大、東海大VS筑波大。白鴎大・専修大・大東文化大・拓殖大は順位決定戦へと回る。 専修大との熾烈な制空権争いに日本体育大が勝利 大学界屈指...
2021トーナメント

【2021トーナメント】7/8 ベスト8が決定、1部校では青山学院大、早稲田大、神奈川大、中央大が敗退

勝ち上がるごとにギアが上がるトーナメントは、ベスト8をかけた戦いでさらにヒートアップ。互いに譲れない戦いが続いた。 8枠に入ったのは白鴎大、筑波大、大東文化大、専修大、日本大、拓殖大、日本体育大、東海大。この8チームが翌日の準々決勝...
2021トーナメント

【2021トーナメント】頂点を目指し「勝ちにこだわるバスケをする」#23キング 開(専修大・4年・主将・PG)

専修大も今年、4年生が多いチームの一つだ。#23キングを筆頭に、#1山本、#28野崎、#46寺澤、#95齋藤と、すべて下級生のときからプレータイムを得て、彼ららしいプレーを見せてきた。そして迎えた4年目、今年はまさに集大成の年だ。主将を務...
タイトルとURLをコピーしました