2021リーグ

【2021リーグ1部】リーグ3位の白鴎大、網野友雄監督は一定の評価も「課題はたくさん」とさらなるレベルアップを期待(11/7第11戦)

「リーグ戦はもう何年も五分という成績だったので、この大会は最低でもベスト4、インカレのシードは欲しいと思っていました。なので、3位は最高ではないけれど、まあまあの出来といえると思います」 8勝3敗の3位で大会を終えた網野監督は、リー...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「楽しみだったリーグ戦」は、手応えを十分感じ最後のインカレに臨む/専修大#23キング開(11/7第11戦)

専修大は8勝3敗。3位の白鴎大には直接対決で負けたため、同率の4位でリーグ戦を終了した。11試合を戦ったリーグ戦を終え、専修大の#23キング(4年・PG)はこのリーグ戦は本当に楽しみだったという。 「2年ぶりのリーグ戦が楽しみで、チ...
2021リーグ

【2021リーグ1部】優勝決定戦となった東海大VS日本大は、東海大が2Qで抜け出し、3年ぶりの優勝を果たす(11/7第10戦・東海大VS日本大)

1部リーグ最終日、優勝を懸けた一戦は東海大と日本大という、1敗同士の戦いで決まることになった。トーナメント決勝の再戦で優勝が決まる一戦であり、東海大が雪辱なるか、あるいは日本大がトーナメントに続き2冠を達成するかというところに注目が集まり...
2021リーグ

【2021リーグ】互いの気迫がぶつかり合ったインカレチャレンジマッチはいずれも好勝負、早稲田大・青山学院大・拓殖大・明治大がインカレへ(11/11)

1部リーグ終了から中3日、1部下位と2部上位による、インカレ出場権を懸けた一発勝負のチャレンジマッチが横浜国際プールで開催された。緊張感のある戦いは第1試合から接戦が続き、早稲田大や拓殖大は逆転勝利。神奈川大と明治大は延長戦にもつれ込む熱...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「チームで勝ち、チームで負ける」というスローガンを達成するために。早稲田大・#12土家大輝(11/7)

3勝8敗、9位でリーグ戦を終えた早稲田大。リーグ序盤に1勝したあとは低空飛行が続いたが、終盤に向けてやや調子が上向いた様子が見られた。第10戦では大東文化大を撃破。#12土家(3年・G)は「チームとして徹底すべきところを徹底するということ...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「大学は技術以上に気持ちを見せるところ」青山学院大#17保泉 遼が、ハッスルプレーに込める意味。(11/07)

このリーグ戦では各チームに多くの怪我人が出た。中には長期離脱、そしてここでシーズンを終了せざるを得なくなってしまった4年生も出てしまっている。しかしその一方、長期離脱の怪我を乗り越え、コートに戻ってきた選手もいる。 青山学院大の#1...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「上級生がどれだけみんなを鼓舞できるかどうか」のびしろの大きなチームに、4年生として果たす責任。神奈川大・#3小針幸也(11/7)

神奈川大は全11試合を戦い抜き、12位で大会を終了。リーグ戦の後、中3日でインカレ出場権をかけたチャレンジマッチを戦うことになった。 0勝11敗は数字だけ見れば良い結果とはいえないが、惜しい試合もいくつかあり、チームの中身は見どころ...
2021リーグ

【2021リーグ2部】「苦労もあったけれど、本当に成長できるシーズンを過ごすことができている」明治大・斉藤勝一ヘッドコーチ(10/30)

11勝0敗、2部リーグを全勝優勝し、1部昇格を決めた明治大学。昨年は昇格制度がないオータムカップしか開催されず、2部チームにとっては悔しいシーズンを経験しただけに、1年越しの結果は大きなものだろう。 目標通りの結果を出したが、このリ...
2021リーグ

【2021リーグ1部】東海大が日本大を下して優勝、日本体育大は筑波大を最終戦で破る(11/7第11戦・最終戦)

関東大学一部リーグはついに11試合目、最終日を迎えた。スケジュールに翻弄された2部リーグとは異なり、1部リーグは予定通りに日程をこなし、全チームが同じ日にリーグの最終戦を迎えることができた。 会場となったリリーアリーナMITOには朝...
2021リーグ

【2021リーグ1部】第97回関東大学バスケットボールリーグ戦 結果

【成績】 優勝  東海大学(3年ぶり6回目)10勝1敗準優勝   日本大学              9勝2敗3位       白鴎大学              8勝3敗4位       専修大学              8勝3...
2021リーグ

【2021リーグ1部】優勝の行方は東海大vs日本大による最終日の直接対決へ(11/6第10戦)

関東1部は水戸での2連戦がスタートした。 第10戦、1敗で首位争いをしている東海大と日本大はそれぞれ勝利を収め、優勝の行方は最終戦の直接対決で決定することになった。 1敗同士の東海大と日本大は余力を残し、最終決戦へ 日本...
2021リーグ

【2021リーグ2部】明治大が全勝優勝を達成、江戸川大は延長戦に勝利し5位浮上でシーズンに幕(11/6)

9月15日に開幕し、約1ヶ月半に渡って戦い抜いてきた2部リーグ。予定変更に振り回され、各チームとも調整に苦心しつつも、長い延期を経て開催が叶ったリーグ戦は、「試合をするのが楽しい」という声がいくつも聞こえてきていた。10月後半からは振り替...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「自分が役目を果たさないといけない」中央大のエース候補・#2内尾聡理の覚醒(11/4)

リーグ後半戦に入り、目立って調子が上がってきたのが中央大だ。第7戦は日本体育大と競り合ったのちに1点差で試合を落とすが、第8戦で大東文化大に完全勝利を収め、続けて第9戦では3位につける勝負強い白鴎大を、逆転で下す金星を挙げた。 エー...
2021リーグ

【2021リーグ1部】1敗で並ぶ東海大・日本大がそれぞれ勝利し、優勝争いは最終局面へ(11/4第9戦)

1部リーグもいよいよ残すところあと3試合。9〜11戦は中1日の休みを挟んだ、ほぼ3連戦のハードな戦いだ。 今リーグは大会が進むにつれ、結果が読めない試合が続いている。上位チームに勝利したチームがあるかと思えば、次の試合では順位的に下...
2021リーグ

【2021リーグ1部】「復帰をサポートしてくれたたくさんの方々に感謝」#11大倉颯太の帰還が東海大にもたらすもの(10/31)

東海大学に背番号11が戻ってきた。 リーグ8戦目となる早稲田大戦、#11大倉(4年・G)はベンチからではなく、スターティング5としてコートに立った。公式戦としては8ヶ月ぶり、大学の試合では昨年12月のインカレ決勝以来となる姿だ。13...
2021.11.06
タイトルとURLをコピーしました