【2021リーグ2部】4位までの順位は変わらず。また、明治大学と埼玉工業大学の試合が急遽開催されず(10/16レポート)

2021リーグ
関東学院大#12ケイタと上武大#23ティレラのマッチアップ。

この週の2部リーグは2日に分かれた開催となった。16日は関東学院大学会場にて、2試合が行われた。なお、3試合目に予定されていた明治大と埼玉工業大の試合は、体調不良者が出たため急遽中止となった。この試合の扱いについては関東学連の発表を待つことになる。首位の明治大は2試合連続で試合が突然延期になる、厳しい状況に立たされた。

4位につける東洋大順天堂大と対戦し、アウトサイドのシュートを気持ちよく決めていくと、前半で57−25とダブルスコア。順天堂大は守りに阻まれてシュートがタフショット気味となり、出遅れた。東洋大は後半もシュートが好調で、控えも次々に得点し、ベンチも盛り上がる。順天堂大は#26増田(4年・C)を中心に後半は持ち直してアタックが続くが、東洋大のシュートの好調さは途切れず、123-73。17本のスリーポイントが120点を超えるゲームを彩った。東洋大はそのまま4位を守り、順位に変動はなし。

21得点を決めた東洋大#51伊東。スリーポイントを決め、ベンチの声援に応える。

2勝2敗の上武大と3勝3敗の関東学院大は、中堅ポジションを争うところにいるが、前半は立ち上がりに上武大が勢いを見せ、関東学院大が1Q中盤から#4中村(3年・SG)をはじめ、スリーポイントが当たり始めると逆転した。大きな差はない中で試合が進むが、3Q、関東学院大が常時先行。一方の上武大は#12ケイタ(3年・C)がベンチに下がっている間にじわじわ追い上げる。しかしここぞのシュートを守られて決めきれず、関東学院大リードのまま試合が進んだ。上部大は一時10点差まで開くところを、4Qの4分を切ってから何度も数点差にまで詰め寄るが、そのたびに関東学院大がシュートを決め返す。最後は#4中村がハーフラインあたりから放ったシュートがブザーとともにネットに吸い込まれて79−70で勝利し、4勝目。5位へと順位を上げた。

関東学院大#4中村は28点。5本のスリーポイントで会場を沸かせた。

【2部リーグ・10/16現在】

明治大学   6勝0敗
国士舘大学  8勝1敗
明星大学   6勝1敗
東洋大学   5勝2敗
関東学院大学 4勝3敗
江戸川大学  4勝4敗
駒澤大学   4勝4敗
法政大学   3勝3敗
上武大学   2勝3敗
東京成徳大学 1勝7敗
順天堂大学  1勝8敗
埼玉工業大学 0勝8敗

タイトルとURLをコピーしました